ウート家具、五城目に新拠点 倍賞さん「地域の雰囲気魅力」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市出身の倍賞迪人(みちと)さん(31)が個人で営む家具工房「WOOT(ウート)家具」が、五城目町中心部に新たな拠点を構え、製作と発信に力を入れている。2019年1月の開業から能代、秋田両市を拠点にものづくりを続けてきたが、今年1月に工房を五城目町へ集約。5月には住居も町に移し、腰を据えて製作に取り組む。

五城目町に拠点を集約したウート家具の倍賞さん。手前にあるのがカウホーンチェア=「すずなり」2階の家具展示場


 顧客の多い秋田市と、木材の調達に便利な能代市との両方に近い点、そして若手の移住者や事業者が活発に活動している点などに魅力を感じたのが、拠点を移した理由だ。

 場所は、五城目町石田六ケ村堰添にある一軒家。1階を間借りして暮らし、玄関前の土間を工房にした。完成した作品は、近所の上町地区にある手作り革製品店「すずなり」の2階で常設展示している。

 ウート家具の持ち味は、木を磨き上げることで生まれる滑らかな曲線美。米国の名作家具から影響を受けているという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1047 文字 / 残り 667 文字)

同じジャンルのニュース