「奇跡のピアノ」の音色、新角館庁舎に鳴り響く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
樺細工を施したピアノが演奏されたコンサート
樺細工を施したピアノが演奏されたコンサート

 秋田県仙北市の伝統工芸・樺(かば)細工を施して再生したピアノの音色を楽しむ「奇跡のピアノコンサート」が16日、市役所角館庁舎で開かれ、市民約60人が演奏に聴き入った。新角館庁舎で音楽イベントが行われるのは初めて。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 519 文字 / 残り 412 文字)

秋田の最新ニュース