秋大病院、入院患者1人がコロナ 一部診療科で新患休止

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田大学は17日、秋田市の医学部付属病院に入院していた患者1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。病院は一部の診療科で新規患者の受け入れを休止する。

 大学によると、感染は16日に判明。17日に秋田市保健所に届け出た。患者を個室に移動させ感染防止対策を講じたほか、接触した可能性のある医師や看護師、他の患者など176人にPCR検査を実施、現段階では全員が陰性だったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 228 文字 / 残り 39 文字)

同じジャンルのニュース