映画「ハチとパルマ」、秋田市で県内初試写会 さくらも出席

会員向け記事
お気に入りに登録

出演者のアナスタシアちゃん(左端)、秋田犬のさくら(右端)らが出席した完成披露試写会

 秋田県大館市などでロケが行われた28日全国公開の日ロ共作映画「ハチとパルマの物語」の完成披露試写会が18日、県内で初めて秋田市のAL☆VEシアターで開かれた。旧ソ連時代の実話を基にしたロシア版忠犬ハチ公の物語。出演者らが両国の親善と共に作品をPRした。

 モスクワの国際空港に取り残され、飼い主を待ち続けるシェパード犬「パルマ」と、母を亡くした9歳の少年コーリャとの絆を描く。ロシアでは3月から上映され、公開週末の観客動員数で首位を獲得した。

 試写会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、製作委員会関係者ら約40人に限定。舞台あいさつには、大館を訪れる子役のアナスタシアちゃん(8)や雌の秋田犬さくらが登場した。アナスタシアちゃんは日本語で「みなさん映画を楽しんでください」と会場を和ませた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 641 文字 / 残り 292 文字)

秋田の最新ニュース