奥羽線大館―碇ケ関間、19日昼以降に再開 大雨で土砂流出

お気に入りに登録

 大雨に伴い17日に起きた土砂流出の影響で運転を見合わせていたJR奥羽線の大館―碇ケ関間は、19日の昼以降に運転を再開する。

 JR秋田支社によると、午前中は特急つがるの上下計2本が運休する。再開までの間は秋田―大館間で折り返し運転を行うほか、大館―弘前間でバスによる代行輸送を行う。

 18日は土砂流出の影響で、奥羽線の特急、快速、普通列車の上下計28本が運休または区間運休した。


 最新の運行状況はこちらをご覧ください

同じジャンルのニュース