ゲイツ氏に過去の不倫疑惑 MS取締役退任に影響か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ビル・ゲイツ氏(ゲッティ=共同)
ビル・ゲイツ氏(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米IT大手マイクロソフトは17日、社内の女性との不適切な関係を巡り、創業者ビル・ゲイツ氏を調査していたと明らかにした。ゲイツ氏は2020年に取締役を退任しており、この調査が影響した可能性もある。

 マイクロソフトは声明で「ゲイツ氏が従業員と親密な関係を築こうとしているとの懸念を受け、取締役会が法律事務所の支援を受けて調査した」と明かした。00年時点の関係について、19年後半に報告を受けたという。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは、一部の取締役がゲイツ氏を取締役として不適切と判断し、ゲイツ氏は調査完了前に退任したと報じた。