「秋田杉GIN」が最高金賞 洋酒品評会・TWSC

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
TWSCで最高金賞を受賞した「秋田杉GIN」
TWSCで最高金賞を受賞した「秋田杉GIN」

 世界各国の洋酒を評価する品評会「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2021」で、秋田杉の葉を使用したクラフトジン「秋田杉GIN」(秋田県醗酵工業)が洋酒部門で最高金賞を受賞した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国の審査員が各地で採点した。その点数を実行委が集計し、最高金、金、銀、銅の各賞を決めた。洋酒部門には444点が出品し、17点が最高金賞に選ばれた。

 秋田杉GINは、オエノングループの秋田県醗酵工業(湯沢市)が秋田高専と県立大、県総合食品研究センターと共同開発した。20年6月から県内のスーパーや酒販店を中心に販売している。秋田杉の葉のほか、5種類の植物を香り付けに使用している。

 秋田杉GINは500ミリリットル入り、税別2830円。商品に関する問い合わせはオエノングループお客様センターTEL047・705・7790(平日午前10時~午後4時)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 605 文字 / 残り 212 文字)

秋田の最新ニュース