さきがけ政経懇話会:屈せざる人々と共に~カンボジアを見つめた16年間

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高橋智史さん
高橋智史さん

 秋田さきがけ政経懇話会の5月例会が19日、秋田市の秋田キャッスルホテルで開かれた。秋田市出身のフォトジャーナリスト高橋智史さん(39)が「屈せざる人々と共に~カンボジアを見つめた16年間」と題して講演。独裁的な政権下で自由が剥奪されているカンボジアの現状を自らの取材体験と共に伝えた。17日に横手市での県南政経懇話会、18日に大館市での県北政経懇話会でも講演した。

 カンボジアでは2018年の総選挙で最大野党カンボジア救国党が解党に追い込まれたため、与党カンボジア人民党が圧勝し、125の全議席を獲得した。高橋さんはこの10年近く、フン・セン政権下で人権弾圧が繰り返されている状況を目にしてきた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1274 文字 / 残り 975 文字)

秋田の最新ニュース