絵灯籠制作、伝統をつなぐ 湯沢市で保存会が講習会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
美人画の制作が進む絵灯籠の講習会=18日
美人画の制作が進む絵灯籠の講習会=18日

 秋田県湯沢市で毎年8月に開かれる「七夕絵どうろうまつり」で会場を彩る絵灯籠の制作講習会が、同市の湯沢文化会館で開かれている。まつりはコロナ禍を受け2年連続の中止が決まっているが、指導に当たる市絵どうろう保存会(首藤ミヱ会長、約40人)は「参加者の作品があるから伝統をつないでいける」と期待を寄せる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 488 文字)

秋田の最新ニュース