「介護保険の払い戻しある」 北秋田、仙北で不審電話

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警は20日、県内で特殊詐欺の手口とみられる不審電話が相次ぎ確認されたと発表した。被害はなかった。

 北秋田市では午後1時45分ごろ、60代女性宅に市役所職員を名乗る男から「介護保険の還付金の書類を郵送している」と電話があり、普段利用している金融機関を聞かれた。その後、女性が教えた金融機関の職員を名乗る男から電話があったが、男が本店所在地を間違えるなどして電話が切れた。

 仙北市では午後2時20分ごろ、60代女性宅に市役所職員を名乗る男から「介護保険料の払い戻しがある。通知が届いていないか」と電話があった。女性は不審に思い、「市役所に電話して確認する」と答えて電話を切った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 366 文字 / 残り 75 文字)

秋田の最新ニュース