遠い風近い風[伊藤伸平]釈迦降誕祭に思う

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 日本では例年4月8日に行われる灌仏会(かんぶつえ)=「花祭り」。ネパール南部のルンビニで釈迦(しゃか)が生まれたとされる日を祝う行事だ。しかし、東南アジアからインド、ネパール、スリランカにかけての上座部仏教地域では、仏滅紀元の暦を用い5月の満月の日としており、今年は5月26日。実は5月は釈迦誕生はもちろん、釈迦がインドのブッダガヤで悟りをひらいた月、またインドのクシナガラで入滅した月とも言われ、仏教にとってひじょうに重要な月となっている。

 20代後半にルンビニ、ブッダガヤ、クシナガラを訪れ、その後もタイやミャンマー、スリランカなど、アジア各地の仏教国へは足繁く通った。どの国も生活の中に仏教が溶け込んでおり、人々は気軽に寺院に参拝し、オレンジ色の袈裟(けさ)に身を包んだ僧の姿を見かけることも珍しくない。何層もの伽藍(がらん)が壮麗さを際立たせる寺院、熱帯の太陽に金色に輝く仏塔、堂内で微笑(ほほえ)む釈迦像……特に宗教心のない僕でさえ、その様子に、宗教が人の生き方に強く影響を与えることを感じずにはいられないほど(他の宗教圏を訪れても同じようなことを思うけれど……)。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1291 文字 / 残り 802 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース