ヒツジ牧場持ちたい 宇都宮出身宮野さん、藤里で勉強の日々

会員向け記事
お気に入りに登録

子ヒツジを抱く宮野さん

 ヒツジの牧場を開く夢をかなえようと今春、宇都宮市出身の宮野洋平さん(39)が一家4人で藤里町に移住した。宮野さんは地域おこし協力隊員に先月着任し、町営大野岱放牧場で肉用品種「サフォーク」の飼育に携わりながら、藤里での起業に向けた準備を進めている。

 広さ約80ヘクタールの大野岱放牧場では、200頭を超えるヒツジを飼育している。宮野さんは主に毛刈りや餌やり、有刺鉄線の整備などに汗を流しながら牧場管理を学んでいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 872 文字 / 残り 665 文字)

秋田の最新ニュース