花輪ばやし、2年連続で屋台運行中止 コロナ感染拡大受け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
10町内の屋台が鹿角花輪駅前に勢ぞろいした花輪ばやし=2019年8月19日午後8時35分ごろ、鹿角市花輪
10町内の屋台が鹿角花輪駅前に勢ぞろいした花輪ばやし=2019年8月19日午後8時35分ごろ、鹿角市花輪

 秋田県鹿角市の花輪ばやし祭典委員会(阿部義弘会長)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8月19、20日に予定していた10町内の屋台合同運行を中止すると発表した。花輪ばやしは「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の一つとして国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。中止は2年連続。

 祭典委が21日夜に臨時総会を開き、10町内の代表や、屋台運行など全体を取り仕切る若者頭協議会メンバーなど約30人で協議し決めた。全町内が合同運行に慎重な姿勢を示したという。神事は行う予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 521 文字 / 残り 274 文字)

昨年は戦後初の中止に追い込まれた「花輪ばやし」。関係者たちの思いは…

秋田の最新ニュース