王冠ク、GLANZが準々決勝へ 社会人野球春季大会、開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
さきがけ八橋球場(資料写真)
さきがけ八橋球場(資料写真)

 社会人野球の第73回JABA秋田春季大会は22日、秋田市のさきがけ八橋球場で開幕し、1回戦2試合と準々決勝1試合を行った。1回戦は秋田王冠クが互大設備DCを逆転で下し、秋田GLANZは由利本荘BCを退けた。準々決勝は能代松陵クが秋田BCをコールドゲームで下し、準決勝に進んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 291 文字 / 残り 152 文字)

秋田の最新ニュース