ブラウPK戦の末敗れる サッカー天皇杯、猿田興業は大敗

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―十勝】後半、ゴール前で秋田の武颯(手前)が足を伸ばしたが好機をものにできず=ソユースタジアム
【秋田―十勝】後半、ゴール前で秋田の武颯(手前)が足を伸ばしたが好機をものにできず=ソユースタジアム

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、秋田魁新報社など共催)は23日、各地で1回戦13試合を行った。秋田県勢はJ2のブラウブリッツ秋田が、秋田市のソユースタジアムで北海道代表の十勝スカイアースと対戦。延長戦に突入したが1―1のまま決着がつかず、PK戦の末8―9で敗れた。本県代表の猿田興業は青森県代表のJ3八戸に0―13で大敗した。

 ▽1回戦
秋田 1―1 十勝スカイアース
  (0―1)
  (1―0)
   延長
  (0―0)
  (0―0)
(PK8―9)

八戸 13―0 猿田興業
   (6―0)
   (7―0)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1153 文字 / 残り 881 文字)

秋田の最新ニュース