松山、8打差23位に後退 全米プロゴルフ第3日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3ラウンド、13番で第3打を放つ松山英樹。通算1オーバーで23位=キアワアイランドリゾート(共同)
第3ラウンド、13番で第3打を放つ松山英樹。通算1オーバーで23位=キアワアイランドリゾート(共同)

 【キアワ島(米サウスカロライナ州)共同】男子ゴルフの全米プロ選手権は22日、サウスカロライナ州のキアワアイランドリゾート(パー72)で第3ラウンドが行われ、メジャー2連勝を目指す松山英樹は4位から出て3バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの76と崩れ、通算1オーバーの217で首位と8打差の23位に後退した。

 50歳のフィル・ミケルソン(米国)が70で回り、通算7アンダーで単独トップ。ブルックス・ケプカ(米国)が1打差の2位につけた。