男子ゴルフ、ノリスがPO制す パートナー・プロアマ最終日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
最終日、プレーオフ2ホール目で優勝を決めたショーン・ノリス=取手国際GC
最終日、プレーオフ2ホール目で優勝を決めたショーン・ノリス=取手国際GC

 ゴルフパートナー・プロアマ最終日(23日・茨城県取手国際GC東コース=6804ヤード、パー70)6位で出たショーン・ノリス(南アフリカ)が63で回り通算21アンダー、259で並んだ大槻智春、スコット・ビンセント(ジンバブエ)とのプレーオフを制した。2019年以来の通算5勝目。賞金1千万円を獲得した。

 63で追い上げた比嘉一貴、64をマークした石川遼ら7人が2打差の4位。金成ヒョン(韓国)が62位からツアー最少タイの58をマークし、通算17アンダーで11位となった。(出場68選手、晴れ、気温21・2度、南南西の風1・7メートル、無観客)