秋田市の警戒レベル4、月内維持 病床率高止まり、コロナ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の佐竹敬久知事は24日、新型コロナウイルス感染症に対する県独自の感染警戒レベルを5段階中の「4(要請)」としている秋田市について「今月いっぱいは引き下げることはできないのではないか」と述べ、月内は警戒レベルを維持することが必要との認識を示した。病床使用率の高止まりを理由に挙げた。県庁で報道陣の取材に答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 427 文字 / 残り 269 文字)

秋田の最新ニュース