本因坊戦、序盤から激しい攻防 能代・金勇で第2局開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
井山本因坊(右)の先番で始まった本因坊戦第2局
井山本因坊(右)の先番で始まった本因坊戦第2局

 囲碁の第76期本因坊戦7番勝負(日本棋院など主催)の第2局が24日、秋田県能代市柳町の旧料亭金勇で始まった。10連覇を目指す井山裕太本因坊(32)に芝野虎丸王座(21)が2期連続で挑戦。午後5時17分に井山本因坊が83手目を封じて初日を終えた。25日は午前9時に再開する。

 井山本因坊が先勝して迎えた第2局は午前9時、先番の井山本因坊が右上隅小目に打って始まった。序盤から激しい競り合いが続いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 576 文字 / 残り 377 文字)

秋田の最新ニュース