時代を語る・大里祐一(19)妻を連れネパールへ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シェルパの子どもたちと妻千寿子
シェルパの子どもたちと妻千寿子

 アフガニスタンから戻り、メンバーの丸山芳雄さん(故人、県人隊初の8千メートル峰登頂を指揮した隊長)と飲んでいると、「次はカラコルムやらねすか」と誘われました。

 カラコルム山脈はインド、パキスタン国境に連なり、本格的な氷河もあります。高峰に登りたいという気持ちはなかったんですが、雄大な氷河を歩くのはいいなあと思いました。ただ、高所医学を勉強したわけではないので、高度順応などを自ら体感した方がいいと考えました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 751 文字 / 残り 545 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース