県内の夏から秋の大型行事、今年は? 6月に判断の祭りも

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、夏から秋にかけ県内で予定されている秋田県内の行事はどうなるのか。

 湯沢市の「七夕絵どうろうまつり」(8月5~7日)は4月14日、秋田市の「土崎神明社祭の曳山(ひきやま)行事」(土崎港曳山まつり、7月20、21日)は今月7日にそれぞれ中止を決定。鹿角市の「花輪ばやし」(8月19、20日)も屋台合同運行の中止を今月21日に決めた。いずれも2年連続。

 能代市の七夕行事「天空の不夜城」(8月3、4日)は、能代七夕天空の不夜城協議会が今月28日の役員会で協議し、6月4日の総会で正式決定する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 514 文字 / 残り 251 文字)

秋田の最新ニュース