湯沢市のワクチン接種、8月1日完了 予定より1日ずれ込む

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県湯沢市の佐藤一夫市長は25日、市内の高齢者(65歳以上)向けの新型コロナウイルスワクチンの接種完了時期について、予定していた7月末より1日ずれ込み、「8月1日になる可能性がある」との見方を示した。定例記者会見で述べた。

 8月1日に接種を受けるのは、1回目の接種を7月11日に受け、8月1日が2回目となる高齢者。新型コロナワクチンは計2回の接種が必要で、1回目から3週間後に2回目を受けなければならない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 402 文字 / 残り 197 文字)

秋田の最新ニュース