大仙市の接種、64歳以下は8月から開始

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市の老松博行市長は25日、64歳以下の市民を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種を、8月から開始する方針を示した。6月中旬から接種券を順番に発送し、予約を受け付けていく。接種予約は電話のほか、インターネットでも受け付ける。

 大曲仙北医師会などの協力の下、医療従事者の派遣態勢を準備。6月中旬に、基礎疾患のある市民を優先して接種券の発送を始める。その後、年齢を区切って順に郵送していくとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 408 文字 / 残り 204 文字)

秋田の最新ニュース