「縄文」世界文化遺産登録を勧告、ユネスコ諮問機関【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
大湯環状列石(鹿角市、小型無人機で撮影)
大湯環状列石(鹿角市、小型無人機で撮影)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は26日、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を世界文化遺産に登録するよう勧告した。政府が鹿角市の大湯環状列石、北秋田市の伊勢堂岱遺跡など17遺跡を推薦していた。農耕に移行せず、狩猟などを基盤としたまま定住した縄文時代の人類の生活実態を示す貴重な物証として世界的に認められた。

 7月16~31日にオンライン開催されるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通し。国内の世界文化遺産として先史時代は初めてで最古となる。自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)にも今月10日に登録勧告が出た。2件がともに登録されることになり、日本の世界遺産は文化20、自然5の計25件となる。本県関係では、自然遺産の白神山地(1993年登録)以来2件目の世界遺産。文化遺産としては初めて。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 911 文字 / 残り 528 文字)