元京都大学長の長尾真氏が死去 国立国会図書館長も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
死去した長尾真氏
死去した長尾真氏

 京都大学長や、国立国会図書館の館長を務めた長尾真(ながお・まこと)氏が23日午後、出血性脳梗塞のため死去した。84歳。三重県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻美紀子(みきこ)さん。

 1959年に京大工学部を卒業。専門は情報学で、画像や言語の情報処理に関する研究に力を注ぎ、顔認識や人工知能(AI)、機械翻訳の分野で功績を残した。手書き文字の認識方法を編み出し、初期の郵便番号の読み取り装置に導入された。2018年に文化勲章を受けた。

 97年に第23代京大学長に就任し、03年に退任した。07~12年には国立国会図書館の館長も担った。