児童クラブ近くにクマ 仙北市角館町

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 26日午後3時45分ごろ、秋田県仙北市角館町川原中道の草地に体長約1メートルのクマ1頭がいるのを農作業中の70代男性が目撃した。市などによると約1時間後に地元猟友会が駆除した。

 仙北署によると、目撃場所は中川コミュニティセンター(旧中川小学校)の体育館の北西約30メートル。男性が田植え作業をしていたところ、草地から雑木林に入っていくクマを目撃し、署に通報。男性から連絡を受けた猟友会が同センターから約500メートル離れた林でクマを駆除した。

 同センターには角館小学校の児童が利用する放課後児童クラブがある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 335 文字 / 残り 80 文字)

秋田の最新ニュース