TDKの2年目右腕・鈴木 日本選手権へ意欲

有料会員向け記事
お気に入りに登録

投球練習に励む鈴木。ダブルエースの一人として活躍に期待がかかる=にかほ市のTDK野球部室内練習場

 社会人野球のTDK(秋田県にかほ市)で主力に成長した2年目右腕鈴木大貴(23)が、6月4日に開幕する日本選手権東北予選(宮城県)に向け腕をぶす。同じ右本格派の小木田敦也(22)=角館高出=とともにドラフト候補に挙がるホープは、「何が何でも日本選手権に出たい。どのチームが相手でも、全部ゼロに抑える」と気迫をみなぎらせる。

 昨年は、ルーキーながらチームの7年ぶりの都市対抗大会出場に大きく貢献。2次予選東北大会で準決勝の日本製紙石巻(宮城県石巻市)戦に先発し、八回途中まで無失点9三振の好投を見せた。本大会初戦となった日本新薬(京都市)戦でも先発を任され、自己最速の154キロをマークするなど六回を2失点。全国デビューとしては十分なインパクトを残した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1389 文字 / 残り 1063 文字)

秋田の最新ニュース