県内聖火リレー、元祖爆笑王さんら登場 スポンサー枠公表

会員向け記事
お気に入りに登録

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、秋田県内14市町村で6月8、9両日に予定されている聖火リレーのランナーを発表した。スポンサー枠で選ばれた125人を新たに公表。発表済みの県実行委員会枠の43人1組と合わせ、全171区間中169区間の走者が出そろった。残り2区間は調整中。

 スポンサー枠として、美郷町のランナーに放送作家の元祖爆笑王さん(56)、サッカーJ2ブラウブリッツ秋田の岩瀬浩介社長(40)が入った。秋田市にはアテネ五輪シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)銀メダリストの藤丸真世さん(42)、バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)秋田ノーザンハピネッツの水野勇気社長(38)が名を連ねた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 680 文字 / 残り 364 文字)

秋田の最新ニュース