7回接種注射器販売へ ニプロ大館で生産、ワクチン対応

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ニプロ大館工場(資料写真)
ニプロ大館工場(資料写真)

 医療機器大手のニプロ(大阪市)は27日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを1瓶から7回接種できる注射器の販売を31日に始めると発表した。秋田県大館市の大館工場で生産体制を整えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 412 文字 / 残り 317 文字)

秋田の最新ニュース