南秋ローカル紙「湖畔時報」 家族で力合わせ発行70周年

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県八郎潟町を拠点に、南秋田地域の出来事を伝える週刊新聞「湖畔時報」が1951(昭和26)年の創刊から70周年を迎えた。発行元の湖畔時報社は五城目町出身の日本画家舘岡栗山(りつざん)(本名・豊治、1897~1978年)が創設。今は孫の晴希(せいき)さん(50)が社長を務め、家族と力を合わせて発行を続ける。

記者、社長として湖畔時報の発行を続ける舘岡晴希さん(左)と父誠二さん=八郎潟町の湖畔時報社兼舘岡さん自宅前


 湖畔時報は原則として毎週木曜に発行。6~8ページのモノクロ印刷で、大きさは一般的な日刊新聞の半分ほど。購読料は月950円。エリアは潟上、五城目、八郎潟、井川、大潟の5市町村。八郎潟町と潟上市飯田川の新聞販売店を通じて配達し、県外を含む配達エリア外には郵送する。

秋田の最新ニュース