「仲間の声援聞こえないけど…」 原則無観客の全県高校総体

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり、2年ぶりに開催された第67回県高校総合体育大会(全県高校総体)。先行開催のボクシングと陸上競技が28日、秋田市で実施され、夏の全国総体(インターハイ)を目指して熱戦を繰り広げた。

 陸上競技は県営陸上競技場で実施。例年は大勢の保護者がスタンドから声援を送っていたが、今年はまばらに生徒がいるだけ。手拍子でチームメートの頑張りを後押しした。

 選手には大会1週間前からの健康確認票の提出を義務付けた。競技前の待機所ではマスクを着用し、会場の出入り口に消毒液を設置するなどの感染症対策を取った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1097 文字 / 残り 831 文字)

秋田の最新ニュース