勝大とおもち、あと1カ月でお別れ 退任の協力隊員と県外へ

会員向け記事
お気に入りに登録

来月で活動を終える勝大(左)とおもち=大館市提供

 秋田県大館市の地域おこし協力隊が飼育している秋田犬「勝大(しょうだい)」と「おもち」の2匹が、任期満了の隊員2人と共に来月末で市を離れる。市は同26日にJR大館駅前の市観光交流施設「秋田犬の里」で卒業セレモニーを開く予定で、2匹は最後の愛嬌(あいきょう)を振りまきファンに別れを告げる。

 勝大は2018年2月15日生まれの赤毛の雄。フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワさん(19)=ロシア=の愛犬マサルのきょうだい犬で、ザギトワさんが先日、大館市を訪れて対面したことで話題になったばかり。おもちは同じ年の6月1日に生まれた白毛の雌。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 656 文字 / 残り 388 文字)

秋田の最新ニュース