伊勢堂岱遺跡世界遺産登録へ 縄文館館長「認知度上げたい」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
伊勢堂岱遺跡について講演する中嶋さん
伊勢堂岱遺跡について講演する中嶋さん

 秋田県北秋田市脇神の伊勢堂岱遺跡に隣接するガイダンス施設「伊勢堂岱縄文館」の中嶋俊彦館長(69)が28日、市交流センターで講演した。同遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録される見通しとなったことを受け「遺跡に足を運んでもらえるよう働き掛け、認知度を上げたい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 478 文字 / 残り 314 文字)

秋田の最新ニュース