工場閉鎖のエドウイン子会社「秋田ホーセ」 高い縫製技術に定評

有料会員向け記事
お気に入りに登録

秋田ホーセの本社工場内=五城目町七倉(エドウイン提供)

 ジーンズ国内最大手「エドウイン」の子会社「秋田ホーセ」の県内全4工場が閉鎖されることになった。同社は縫製の正確性を強みに国内のジーンズ製造を支えてきた。関係者からは28日、「地域で多くの雇用を支えていた」「貴重な技術を持った人の仕事が失われる」と残念がる声が漏れた。

 閉鎖が決まったのは五城目町の本社、大川両工場と、大館市の秋北、小坂町の小坂の各工場。計4工場に社員208人が勤務している。

 「誰もが知るブランドを手掛けていた工場だ。地域の多くの雇用も支えてくれていた」。県産業労働部の佐藤徹部長はそう話す。

 秋田ホーセのある男性社員は「昨年から新型コロナウイルスの影響で、商品の販売状況が良くないと聞いていた」と語る。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1278 文字 / 残り 967 文字)

秋田の最新ニュース