「石中ソーラン」、閉校や統合乗り越え小友小が伝統引き継ぐ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 2001年に由利本荘市の旧石沢中学校で生徒たちが考案した踊り「石中ソーラン」が今、市内の小友小学校で踊られている。石沢中が05年に閉校した際、隣接する石沢小学校に引き継がれ、今年4月の小友小との統合でも継承。人口減で消えた学びやの記憶が踊りに宿る。

15日の小友小運動会。児童約160人が鳴子を手に石中ソーランを踊った

 今月15日、この春の統合後初めて行われた小友小の運動会。青空の下、児童約160人が鳴子を手に持ち、体を目いっぱい動かして約5分間の石中ソーランを踊った。

 校長の阿部亨さん(55)はかつて、石沢中勤務時代に石中ソーランの制作に携わった。

 閉校を4年後に控えた01年、「石中があった証しを残したい」と生徒が発案。それまで踊っていたソーラン節を参考に、生徒が振り付けや歌のメロディー、歌詞を考えた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1207 文字 / 残り 885 文字)

秋田の最新ニュース