カヌー小野選手「メダル見据え練習」、県庁で五輪へ意気込み

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見後、笑顔で写真に納まる小野選手
記者会見後、笑顔で写真に納まる小野選手

 カヌー・スプリント女子カヤックで東京五輪代表に決まった秋田県由利本荘市出身の小野祐佳選手(30)=県スポーツ協会、本荘高―筑波大出=が28日、県庁で記者会見し、初の五輪に向け「メダルを見据えて練習し、多くの人に元気を与えられるレースをしたい」と抱負を語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 486 文字 / 残り 356 文字)