コロナ直撃、秋田など10クラブ債務超過 Jリーグ情報開示

会員向け記事
お気に入りに登録

 Jリーグは28日、J1とJ2、J3で3月決算の3クラブを除く53クラブの2020年度経営情報を開示し、新型コロナウイルス禍で約6割の34クラブが赤字、約2割の10クラブが債務超過に陥った。人数制限などを受けた入場料収入が前年度から約6割減と落ち込み、厳しい決算となった。

 3月決算の磐田を除いた今季J2の21クラブのうち、赤字決算は12を数えた。新型コロナウイルスがクラブ経営に与えた打撃が浮き彫りとなった。今季からJ2のブラウブリッツ秋田は3400万円の赤字だった。

 秋田、東京V、山口の3クラブは負債の合計額が資産の合計額を上回る債務超過となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 682 文字 / 残り 405 文字)

秋田の最新ニュース