竿燈まつり中止、正式決定 「やむを得ない」総会で異論なく

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「光の稲穂」が観客を魅了した秋田竿燈まつり=2019年8月6日、秋田市の竿燈大通り
「光の稲穂」が観客を魅了した秋田竿燈まつり=2019年8月6日、秋田市の竿燈大通り

 秋田市竿燈まつり実行委員会(会長=穂積志市長)は29日、同市の秋田キャッスルホテルで総会を開き、今年の秋田竿燈まつり(8月3~6日)の中止を正式に決めた。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、会場の安全確保が難しいことが理由。出席者から大きな異論はなかった。中止は昨年に続き2年連続。

 当初は竿燈大通りから八橋運動公園内の3施設に会場を変更し、入場管理を徹底して開催する計画だった。中止の方針は25日の役員会で決めていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 637 文字 / 残り 425 文字)

秋田の最新ニュース