米男子ゴルフ、スピースが首位 ミケルソンは予選落ち

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
チャールズシュワブ・チャレンジ第2ラウンド、7番グリーンを整えるジョーダン・スピース(右)とフィル・ミケルソン=28日、テキサス州フォートワース(ザ・ダラス・モーニングニューズ提供・AP=共同)
チャールズシュワブ・チャレンジ第2ラウンド、7番グリーンを整えるジョーダン・スピース(右)とフィル・ミケルソン=28日、テキサス州フォートワース(ザ・ダラス・モーニングニューズ提供・AP=共同)

 米男子ゴルフのチャールズシュワブ・チャレンジは28日、テキサス州フォートワースのコロニアルCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、首位タイで出たジョーダン・スピース(米国)が66と伸ばし、通算11アンダーの129で単独首位に立った。

 全米プロ選手権を制した50歳のフィル・ミケルソン(米国)は通算2オーバーで、1打及ばず予選落ちした。日本勢は出場していない。(共同)