絵画や彫刻、思い感じて 秋田国際美術家協会が作品展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
絵画や彫刻約60点が並ぶ秋田国際美術家協会の第7回展
絵画や彫刻約60点が並ぶ秋田国際美術家協会の第7回展

 秋田国際美術家協会(鎌田俊夫会長、26人)の第7回展が29日、秋田市中通の県立美術館で始まった。油彩や水彩、鉛筆で描いた人物画、彫刻作品など約60点を展示。来場者がじっくりと作品に見入っている。来月2日まで。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 370 文字 / 残り 265 文字)

イベントニュース