種苗交換会「コロナ対策万全に」 能代市で運営組織設立総会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
事業計画などを決めた県種苗交換会の能代市協賛会設立総会
事業計画などを決めた県種苗交換会の能代市協賛会設立総会

 秋田県能代市で開かれる第144回県種苗交換会(10月29日~11月4日)の地元運営組織・市協賛会の設立総会が開かれ、斉藤滋宣市長を会長とする規約案や、主会場を市総合体育館とする事業計画案などを承認した。同市での開催は2012年以来9年ぶり。

 総会は21日に市文化会館で開き、行政や農業関係者ら約60人が出席。斉藤市長はあいさつで「多くの来場者が安心して楽しめるようコロナ対策に万全を期したい。活力ある農業、もうかる農業を確立するための一助となる種苗交換会にしたい」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 494 文字 / 残り 256 文字)

秋田の最新ニュース