県内の医師ら、絵や写真出品 アトリオンで1日まで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
作品に見入る来場者
作品に見入る来場者

 第53回秋田県医家美術展(秋田県医師会主催)が秋田市中通のアトリオン2階で開かれている。県内の医師による絵画17点と写真21点のほか、「第4回『生命(いのち)を見つめる』フォト&エッセー」コンテストのフォト部門入賞作13点も展示している。6月1日まで。

 写真部門で「あきた舞妓(まいこ)」を出品した田所学さん(秋田市)は「あきた舞妓をもっと知ってもらいたい」との願いを作品に込めたという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 427 文字 / 残り 232 文字)

秋田の最新ニュース