新型コロナで新たに2人死亡、英変異株も新たに2人確認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は31日、県内医療機関に入院していた新型コロナウイルス感染者2人が死亡したと発表した。県内の死者は14人となった。新規感染者の発表は4日間連続ゼロで、感染者数の累計は755人。

 県によると、死亡したのはいずれも65歳以上の高齢者で基礎疾患があった。25日と26日にそれぞれ医療機関から報告があった。

 また、県はこれまでの感染者のうち、新たに2人が英国で確認された型の変異株、1人が由来国が確定されない変異株だったと発表した。県内での変異株確認は累計40人。

コロナ関連情報とグラフはこちら

秋田の最新ニュース