「男鹿に残り続ける作品に」 映画批評家大賞授賞式で佐藤監督

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
授賞式で喜びを語る佐藤監督
授賞式で喜びを語る佐藤監督

 第30回日本映画批評家大賞の授賞式が31日、東京・新宿の新宿文化センターで開かれ、映画「泣く子はいねぇが」で新人監督賞に選ばれた佐藤快磨(たくま)監督(31)=秋田市出身=ら受賞者が喜びを語った。

 佐藤監督は「撮影現場で連日応援してくれた地元の方々に感謝している。出演した小さな子たちが大きくなっても見続けてもらえるような、男鹿に残り続けるような作品になってほしい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 534 文字 / 残り 345 文字)

秋田の最新ニュース