秋田市、高齢者ワクチン個別接種は11日から予約受け付け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は、高齢者への新型コロナウイルスワクチンの個別接種について11日から予約の受け付けを始め、21日から接種をスタートさせる。5月31日と6月1日の2日間にわたり、同市の秋田キャッスルホテルで開いた医療機関向けの説明会で方針を示した。

 市によると、個別接種の予約はコールセンターとウェブサイトで受け付ける予定。集団接種用とは別に専用回線を開設する。電話が混雑することを避けるため、市はウェブ予約の利用を呼び掛けている。近く電話番号や個別接種の詳細を公表する。

 市は65歳以上の高齢者10万3千人のうち、約7万人が接種を希望すると想定。このうち集団接種が6割の4万2千人、個別接種が4割の2万8千人となる見込み。接種クーポンが届いた人のみ予約できる。既に80歳以上の人への配布を終えており、6月中旬までに70~79歳、月末までに65~69歳の人に送付する予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 614 文字 / 残り 233 文字)

秋田の最新ニュース