コロナ下の企業の採用活動、オンラインでの面接や説明会定着

会員向け記事
お気に入りに登録

県立大秋田キャンパスのキャリア情報センター。求人票や企業の資料をまとめたファイルが棚に並べられている

 来春卒業予定の大学生らに対する企業の選考が1日、政府が主導するルールの解禁日を迎えた。新型コロナウイルス下での就職戦線は2年目となり、秋田県内でも学生、企業の双方でオンライン方式の面接や説明会が定着している。一方で対面の面接にこだわる企業もある。少子高齢化が進み人手不足感があることから企業側の採用意欲は高い。

 福祉施設などを運営するきららホールディングス(秋田市)は、説明会や先輩社員と語り合う座談会をオンラインで実施したほか、採用面接でもオンラインを活用する。採用担当者は「秋田や東北とゆかりのない学生が応募してくれることが増えた。さまざまなツールを生かし採用者数を増やしたい」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1219 文字 / 残り 922 文字)

秋田の最新ニュース