交通死亡事故ゼロ365日達成、仙北市に県警本部長表彰

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐藤署長から顕彰状を受け取る仙北市の門脇市長(左)
佐藤署長から顕彰状を受け取る仙北市の門脇市長(左)

 秋田県警は1日、5月24日に交通死亡事故ゼロ365日を達成した仙北市に本部長顕彰状を贈った。

 市役所田沢湖庁舎で行われた伝達式で、仙北署の佐藤正志署長が門脇光浩市長に顕彰状を手渡した。門脇市長は「署はもちろん交通安全協会や交通指導隊、市民が総動員で安全対策に取り組んできたおかげ。観光地で人の流れもある中で死亡事故ゼロを続けられて良かった」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 319 文字 / 残り 143 文字)

秋田の最新ニュース