おいしい出合い:「炭火焼やきとりカネトミ」ねぎ間 食べ応え十分の一本

有料会員向け記事
お気に入りに登録
たれがたっぷり絡んだ「ねぎ間」。ごろごろとした大きな鶏胸肉が特徴だ
たれがたっぷり絡んだ「ねぎ間」。ごろごろとした大きな鶏胸肉が特徴だ

 香ばしい香りに誘われて足を運ぶと、店頭には13種類の焼き鳥がずらり。にかほ市のJR金浦駅近くにある「炭火焼やきとりカネトミ」は、1日に千本以上の焼き鳥を売り上げる。ごろごろとした大きな鶏肉が特徴の「ねぎ間」(120円)が一番人気だ。

 ねぎ間は新鮮な国産の鶏胸肉と県産ネギを使用。食べ応えを感じられるよう大きく切り分けて串打ちし、開店とともに炭火でじっくり焼き上げる。こんがりと焼き色が付いたら、約40年継ぎ足し続けているたれにくぐらせて完成。塩味もある。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 396 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース