秋田市の主催行事、中止や延期継続 副議長に熊谷氏選出

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 6月定例会を開会。新たな副議長に秋水会の熊谷重隆氏(73)を選出、各常任委員会の構成を決めた。議長は同じく秋水会の岩谷政良氏(72)が引き続き務める。提出案件は21年度一般会計補正予算案など30件。このうち政務活動費を削減する条例改正案1件を可決した。会期は29日まで。

 穂積志市長は市長説明で、5月の市内の新型コロナウイルス感染者が月別で最多の197人となったことに触れ「非常に強い危機感を感じている」と述べた。県の独自警戒レベルが秋田市に限って4となっていることから「市主催イベントの中止、延期などについて、レベルが引き下げられるまで継続する」とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1007 文字 / 残り 728 文字)

秋田の最新ニュース