山形県境の丁岳で5年ぶりに山開き 由利本荘市と真室川町

会員向け記事
お気に入りに登録

登山道の点検を兼ねて丁岳を歩く市職員ら


 秋田県由利本荘市と山形県真室川町にまたがる丁(ひのと)岳(1146メートル)の山開きが1日、5年ぶりに行われ、登山シーズンの安全を祈願した。

 登山口につながる真人橋の改修工事が昨秋に完了したことに伴い実施。各行政機関の代表者や地元山岳会の会員ら25人が出席し、登山口の手前にある大平キャンプ場(同市鳥海町上笹子)で神事を行った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 513 文字 / 残り 348 文字)

秋田の最新ニュース